「DIRGE of CERBERUS」、Gacktとコラボレーション

実写で登場だそうですよ。どうしてモーションキャプチャーではないのでしょうか?
そして、めっつぉのスクエニ会話板は、大変な騒ぎに。
主に「FF7の世界観がぶち壊し!」という心配ですね。
確かにFF7とGacktって、相性があまり良くない気がします。
(というか、GacktといえばFF8のスコール、という先入観が……)
野村氏のデザイン画は素敵なんだけどな。
本当に、何故わざわざ「実写」なのかが不思議で仕方ありません。
(それにゲーム内の衣装って、その質感まで再現するのは不可能じゃありません? ゲーム内だからこそ、というか。
Gacktの衣装も、デザイン画と見比べると、出来の悪いコスプレにしか見えないんですよね、残念ながら)
あ、あと、Gacktファンの方々はこの発表、どう思っているのか、ちょっと気になります。

しかし「DIRGE of CERBERUS」、今回のコラボといい、オンライン部分といい、
どうして皆の購買意欲が下がるようなことばかりやらかすのだろう。
ただでさえ、KH2やFF12と時期的に競合しているのに……。
ヴィンセントも可哀想です、やっと主人公になれたのにこんな体たらくでは。
正直言って、私も購買をやめようかと思ってきました。
でも、キャラクター・ストーリー・音楽は魅力的なんですよね、ものすごく。
発売後、しばらく様子見ということにしましょうか。
いや、初回特典につられるかもしれません。スクエニならやりかねない。
スポンサーサイト

わぁ、すごい

右上にご注目下さい
今、メールをチェックして知ったのですが。
いやはや、今までの情報から行けば当然のことですけど、
オリコンといい、目の当たりにするとやはり驚きますね。

言い忘れていましたが、
モントリオール国際ニューシネマフェスティバルでのFF7AC完成版の上映決定
おめでとうございます(リンク先の10月3日の記事です)。

サントラレヴューは早ければ明日、遅ければ文化祭後になります。
そうそう、このスレ(注:某掲示板)の方々は素晴らしいですね。感動しました。
素晴らしいと言えば、ここ(注:同上)もある意味そうですが。

FF7ACと私

まもなく発送される商品:
配送予定日: 2005/9/28 - 2005/9/30
1 点 FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN オリジナル・サウンドトラック

あのー、もうすぐ10/1になるんですけど。
めっつぉの掲示板でも騒がれてますが、Amazon、どうにかしなさいよ。
まぁ、勝手に配送予定日延ばされてないだけ、まだ良いですかね。一応「まもなく」だし。
発送メールを心待ちにしておきます。

今日、電車内にて、PSPでFF7ACを見ている人を発見しました!
いわゆる普通のサラリーマンの方でした。
思わず、覗き込んでしまいました(ごめんなさい)。
映像、思っていた以上に綺麗。
ますますPSPが欲しくなってしまったのでした。
しかし映像だけ見てると、場面転換の目まぐるしさがよくわかりますね。

FF7AC、オリコンDVDチャート総合一位を獲得

http://www.oricon.co.jp/music/topics/chart_t050920_05.html
(情報元:めっつぉこの記事)

初回限定版が19.5万枚で、BOX版が2.5万枚ですか。
「今年発売のDVDでは3番目に高い初動売上枚数」ですし、
オリコン対象外店もありますし、まだ最初の週ですし、
普通に誇るべき結果だと思うのですが、
ファンの間では「売れていない。これじゃリメイクには届かない」という見方もあるようですね。
いやいや、8年も前のゲームの続編で、これだけ売れれば十分ですよ。
前にも書いたとおり、一般向けではないし。
多くは望まないほうがいいと思います。
(むしろ、このようないわゆる「オタク向け」に負けてしまう他のDVDの方が問題かと)

リメイクがどうなるかはわかりませんが、
少なくともこれだけ売れれば、スクエニ側としては「成功」(一応、「大成功」ではないとは思う)では?
FF映画の二の舞にならなくて、良かったですね。

あとは、残りの「コンピレーション オブ FF7」がどうなるか、ですね。
東京ゲームショウのレポートなどを見ると、なかなかDCは好評のようですが、
まだCCが謎に包まれていますからね……。

FF7小説「On the Way to a Smile」Episode1-4

レヴューって鮮度が大事だなと思ってきました。
FF7ACレヴュー、本当はまだ続くのですが、やる気と気力、
その他諸々の事情で先伸ばしにします。
たぶん1ヶ月後ぐらいに書くのではないかと。

そんな訳で、今日は「On the Way to a Smile」Episode1-4の感想です。
いつもの通り、ネタバレ注意。
長いけど、FF7ACレヴュー程ではありません……たぶん。

Read more...

FF7ACレヴュー ~システムの感想編~

KH2の発売日が12月22日に決まったり、
「On the Way to a Smile」のEpisode1-4が公開されたり(まだ読んでいません)と、
いろいろと情報が錯綜しておりますが、皆様お元気でしょうか。
今日・明日は東京ゲームショウですね。行けないのが残念です。

そんなこんなでFF7ACレヴュー。
今回は音楽や映像など、システム(他に呼び名が思いつかない……)関連に関して、
私的な感想をつらつらと。
肝心のストーリーについての深入りは、また次回に。

以下、下記のもののネタバレを含みます。
・FF7ACのDVDの中身全部
〔FF7AC本編・REMINISCENCE of FF7(FF7ダイジェスト)
COMPILATION of FF7(FF7関連プロモーション映像集)
CHAPTER・SET UP(一応書いておく)〕
・FF7
・「On the Way to a Smile」Episode1-3まで(前回書くの忘れていた)
・FF7アルティマニアオメガ
・R25 No.59(FF7AC特集が載っている号)
・少年ガンガン10月号 FF7AC特集記事及び野村氏へのインタビュー記事
・その他、FF7関連記事


それではどうぞ。相変わらず長いです。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。