フリーゲーム「月葬の城」「月葬の城+」

今月初め頃に活動を終了した「Sherica+」さんのゴシック・アドベンチャー・ノベルです。
公開された時からいつかやるぞと思い続けていたものの、色々あって今頃になってしまいました。
「月葬の城」がメインの短編で、「月葬の城+」がそのおまけシナリオです。
作者によると「乙女ゲーム」らしいですが、男性でも楽しめる人は楽しめると思います。
古き良き少女小説のような世界観が好きな方にオススメ。逆に、その手が苦手な人にとっては駄作でしょう。
私自身はというと、前々から「ああ、これは好きかもしれない」と感じていましたが、
まさかこんなに好みを直撃しているとは思わず、パソコンの前で悶えてしまいました。
ゲーム自体は製作サイトが消滅するまで配布しているそうなので、
興味を持った方はとりあえずダウンロードしておきましょう。サニーガールさんのレビューも参考にどうぞ。

以下、ネタバレ感想。無駄に長いですよ。

Read more...

スポンサーサイト

ご無沙汰しております

やっと夏休みに入りました。8月は「聖戦のイベリア」も発売されることだし、がんがん更新していこうと思います。

■「聖戦のイベリア」プロモーション続々!
 18日更新分についての感想を書く予定が、25日(=大量更新日)を過ぎてしまいました。
 各所のPVは声グラを除いてOh!samaTVと同じ範囲が公開されていますが、
 前後の切り方が違うので新たな発見が。こ、国王陛下……!
 オリコンはインタビュー映像の合間にもPVを挟み込んでいます。YUUKIさん逃げてー!
 現段階の情報から推測するに、「聖戦のイベリア」のストーリーは、
 両親を殺された少女が、焔=悪魔と契約。一方悪魔は「魔法使いサラバント」の魔人状態だった
 →悪魔は自分を解き放ってくれた少女に感謝し、敵を次々と血に染めていく
 といった感じでしょうか。
 「石畳の紅き悪魔(Shaytan)」は悪魔が自分のこれまで、そして今からの人生を語っている場面?
 三姉妹はもしかして「人」ではない?(悪魔の使い魔的存在?)
 うーむ、どれも妄想の域を出ませんね。預言者がどう関わってくるかも含め、発売が楽しみです。
 それにしてもPV、初めて屋外で撮影したんですね。スタジオセットだと勘違いしていてごめんなさい。
 あと、声グラのJimangのコメントが熱い。何故その名を口にしたのですか、期待しちゃっていいんですか?

「コードギアス 反逆のルルーシュ」BIGLOBEにて無料配信中(情報元:めっつぉ
 という訳で、この機会に見てみることにしました。今日はSTAGE 16まで。
 ロボット系アニメは食わず嫌いしているので(ガンダムもエヴァも見てません)、この作品も何となく敬遠していたのですが、
 いざ視聴してみると、これが高まる高まる。ロボットバトルが物語の中心ではないからかも。
 噂によればエンディングが悲惨らしいので、このまま見続けてみようと思います。

■KH Re:CoM、ソラ編クリアしました
 ええ、地道に進めてたんですよ。プラウドにしたので最初は死にまくっていましたが、
 ストック技を覚え始めた辺りから、段々作戦が練れるようになれました(それでもボス戦は負けてばかりでしたけど)。
 KHシリーズの中で、一番頭を使うバトルシステムだと思います。でも、それが楽しい!
 今まで「CoMの本編はリク編、ソラ編はつまらない」と言い続けてきましたが、
 改めてやってみると、ソラ編もなかなか良いストーリーだと思えてきました。でもやっぱり、リク編あってのCoM。
 システムはGBA版の良い所を残しつつ、PS2の良い所を加えていた感じ。ラスボス戦はよく練ってあったな。
 しかし一番「スタッフGJ!」と思ったのはエンドロール。あれこそKHですよ。CoMのフォローにもなっているしね。

■近況報告
 「こわい童謡」は見に行かないことにしました。
 領拡追加公演に行く予定。ファンクラブに入会したから、今度こそ大丈夫なはず。

カテゴリー編集、完了しました

相変わらず分類は適当です。「頂き物」は「日記」に収納されました。
スクエニ関連記事って、音楽より少なかったんだ……ならもっと早く着手すればよかった。
昔は真面目に考察記事とか書いていたんだなあ、と思い出しました。うん、初心に返ろう。


Oh!samaTVにて「石畳の緋き悪魔」PVが一部公開(情報元:クロニカ学習帳
  今までと違い、一気にアジア系の映像。「見えざる腕」と同じくらいのクオリティかな。
  しかしどうして、実写に拘るのかしら? yokoyan原画のアニメーションじゃ駄目なの?
  元々「オタクっぽい」部分は避けられないのですから、いっそのこと思い切っちゃった方がいいのに。
  曲自体は古き良きRevo節という感じ。相変わらず弦楽器の使い方が美しいです。
  しかし、国王陛下は頑張りますね。あの衣装は、イヴェ以上に色々と大変でしょう。

ヒュムネクロニクル第1回目で志方さんの肉声が聞けますよ
  前から思っていましたけど、志方さんって声も話し方も声優さんっぽいですよね。
  色々な音域を歌い分けているだけあって、時たま声色ががらりと変わります。
  無事「アルトネリコ2」でも主題歌を担当することが決まりましたが、
  スクエニっぽく声優参加するのもなかなか面白そう。ガストさんにバンプレストさん、考えてみては?
  コラム自体は「謳う丘」についての裏話。多重コーラスの理由が意外すぎました。


今年の夏は「こわい童謡」と「劇場版仮面ライダー電王」を見に行って、たまりにたまったゲームやアニメを消化して、
読書に精を出して、運転免許やバイトに挑戦できたらいいなと思ってます。果たしてこのうち何割が実行されるのやら。
ちなみにSH第二次領拡東京公演はチケット取得に失敗。追加公演があることを祈っている最中です。

カテゴリー編集中

今更ながら、カテゴリー・過去ログ・リンクをツリー化。カテゴリーの整理がなかなか終わりません……。
一応、「音楽」は全て整理しました。「スクエニ」はまた今度。
分類分けが難しい記事もあるので、あくまで参考程度にお使い下さい。
ポカフェリ・キリムコは「Sound Horizon」ではなく、「その他」にあります。でもアルトネリコは「志方あきこ」だったり。
モバイル版にも手にを加えてみました。カテゴリーがひどいことになっていますが、近日中に対策を打つつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。