Asriel『回顧録 黒盤 Requiem』

最近は同人音楽感想記事ばかりの当ブログ。まだまだいくよ!
という訳で、今回はAsrielの『回顧録 黒盤 Requiem』。
前々から欲しいと思っていたのですが、通販再開したので購入しちゃいました。

banner_req.jpg

完売となった1st・2ndの中から激しい曲を再収録、
さらに新曲2曲を追加したリメイクアルバム。

新曲が上手く全体のバランスを整えたようで、『月光蝶舞う深紅の花園』ほど食あたりは起こしませんでした。
特に「ラピスラズリの幻想曲」は、今までに無かった明るい雰囲気で大変良かったです。
旧曲は旧曲で、Asrielらしい狂気の世界を目一杯楽しめます。
ただ、初期の曲なのでインパクトは少し弱いかな。

「Asrielってどんな感じ?」という方は、まずはここからどうぞ。
これを聞いて「狂気度が足りない!」と思ったら、引き続き他のアルバムにも手を出してみてはいかが?

スポンサーサイト

Sound Online『The Clear Blue Sky』

東方やROのアレンジで親しんできたSound Onlineさんが、
この度、初のオリジナルアルバム『The Clear Blue Sky』を発売。当然購入しましたよ。



女性ボーカル曲をメインとした構成。
Sound Onlineらしいテクノ・トランス系の曲がぎっしり。

大手だけあって、さすがにクオリティが高い!
ただ、あまりに曲の主張が激しいせいか、若干ボーカルの個性が殺されてしまってるように感じてしまいました。
そもそも、ボーカルと曲の音の相性自体があまり良くなかったのかも?
今までボーカル曲をほとんど作ってないから、そこら辺のバランス感覚が少々足りなかったのかもしれませんね。

あ、でも、ゲストのESTiによるアレンジは別格でした。
原曲の良さを活かしたまま本人らしさをプラス、しかもボーカルの持つ雰囲気ともピッタリ。さすがシルシル。
今までのSound OnlineやESTiの曲が好きな方は、是非是非聞いてみてください。

CLOCK MUSIC『駿太/雪の轍』

このブログではあまり話題にしませんし、そんなにCDも持ってないのですが、
実は茶太も大好きです。という訳で、CLOCK MUSICの『駿太/雪の轍』をちゃっかり購入。

syunta.jpg

犬と猫の温かさを感じるマキシシングル。
CDタイトルの二曲が、様々にアレンジされています。

やっぱり、茶太とぺーじゅんの組み合わせは神! 思わずそう叫びたくなる程、大満足の出来でした。
「駿太」は原曲が一番好きです。茶太さんの歌声と明るい曲調が綺麗に混じり合っていると思います。
「雪の轍」は高田詩緒さんのアレンジが、しみじみと聞かせてくれて良い感じ。
Q flavorさんのアレンジは、ちょっと雰囲気に合ってないかな。

明るいのにどこか寂しい。胸にじんわり来るCDでした。
同人音楽界の有名人だけあって、もうどこも売り切れですね……買っといて良かった。

ロータスルートオーケストラ『ガーネット』

あまりに買い込みすぎて、未開封の同人CDが溜まっている……。少しずつ聞いていくしかないですね。
という訳で、まずはロータスルートオーケストラさんの『ガーネット』。



「赤」をテーマにしたミニアルバム。
音源は、同人音楽の中ではそこそこ良い方かな。

ボーカルの悠花さんの声は素敵ですが、もう少し歌詞に合わせた強弱や歌い方をすると、更に素晴らしくなると思います。
あと、これはマスタリングの問題でしょうが、若干ボーカルが伴奏に負けてしまっています。
(再生環境によっては、ボーカルがかなり聞き取りにくかったり……)
せっかく曲も歌声もなかなかなのに、もったいない。

歌の活動を始めたのは最近のようで、今後の発展が楽しみなサークルです。
彼女が参加する4人組創作ユニット“Petal”も気になる……通販で出たら買おうかしら。

love solfege'『マリアスノニウムの謝肉祭』

一月初めには手に入れていたのに、レポが遅くなってしまいました……。

マリアスノニウムの謝肉祭/love solfege'

ある架空の村「マリアスノニウム」を巡る物語。
アルバム単位で世界観を統一したのは、『フタリノワタシ』以来でしょうか。

とにかく、完成度が半端ではありません。lovege史上最高傑作といっても過言ではないぐらい。
クラシックを基調としつつ、多岐に渡るジャンル展開をするのがlovegeの強みですが、
今回はアルバム全体だけではなく一曲ごとにズームアップしても、その長所が生かされている模様。
(「え、そこでこの曲調からその曲調へ繋げちゃうの!?」と驚かされますよ)

歌姫全員による壮大なプロムナードを聞いたら、あなたはもうマリアネージュの樹の下。
雪と歌の舞う謝肉祭を、どうぞ存分にお楽しみ下さい。

What are little girls made of?

私のお気に入りサイトの一つにたまごまごごはんという所があるのですが、そこのこの記事がすごく気に入ったので、
遅ればせながら女性の立場から記事を書いてみました。
もちろん、以下はあくまでも私の意見で、全ての女性に当てはまる訳ではありません。
でも書きたいから書く! そして恐れ多くもTB!
先に元記事を読んでからの閲覧をオススメします。それにしても、あのマザーグースは素晴らしい。

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。