メディアマーカーに登録してみました

透映本棚
↑これです(プロフィールにも入れておきました)

前から「読んだ本・漫画や、集めてる同人音楽を、
手軽にデータベース化できたらな」と思っていました。
ブクログ読書メーターもなかなか面白そうだったのですが、
どちらかと言えば音楽の方をメインにまとめたかったため断念。
代わりに人づてに聞いたのが、メディアマーカーだったのでした。

ここが何より素晴らしいのは、Amazonに載ってない商品でも自力で登録ができる所。
これで自力登録でサムネイルが設定できたら、言うこと無しなんだけどな。

ともかくこれで、日々着実に増えつつある同人音楽のデータベース化ができそうです。
(一応エクセルファイルにメモってはいるのですが、「せっかくだからブログのお客様にも見てもらいたいな」というのと「HDD吹っ飛んだ時が怖い」というのが半々)
ちょこちょこと自力登録していきたいと思います。
普段ブログでは取り上げない小説も登録しようかな。
スポンサーサイト

桜庭一樹・タカハシマコ『青年のための読書クラブ』1巻

青年のための読書クラブ 1 (Flex Comix)青年のための読書クラブ 1 (Flex Comix)
(2009/01/08)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

毎月ネット連載を楽しみにしている『青年のための読書クラブ』。
第二章までコミックスにまとめられたので、さっそく買ってきました。

由緒正しき乙女の園に通う、女の子の女の子による女の子のための物語集。
桜庭一樹による甘苦い原作に、タカハシマコの可愛らしくも毒がある絵が相まって、
心から叫び出したくなるような「美しさ」に染まっています。
さすが、女の子の真実を描き出したら日本一、いや世界一のお二人といった感じ。
この最凶のコラボレーションを実現させたフレックスコミックスは偉い!
大衆を象徴する乙女達が皆、髪に大きなリボンをつけているのは、
彼女らの「女の子らしさ」を暗示しているのでしょう。おお、怖い怖い。

手元に置いて、何度でも開いて、傷口を抉りたくなる。
そんな魔力を感じさせる作品でした。
女性ならば、幾つもの感情が入り交じった激流が体中を駆け巡るかもしれません。
もちろん、「可愛い」女子学生達が見たい男性にもオススメですよ。
原作は未読なので、そのうち読んでみたいと思います。
そう言えば、タカハシマコも『乙女ケーキ』でしか知らないんですよね(あれは素晴らしかった……)。『ニコ』でも読んでみようかな。

hirahira.net/CLOCK MUSIC『りんごレストラン』

あの「おまもりんごさん」シリーズの名曲の数々が、ついにアルバムに!
ずっと「『ワスレナゴハン』を通販で買えないかなー」と思っていたので、
超豪華仕様にワクワクしつつ購入しました。

RRbanner.jpg

個性豊かな三人の歌姫に『国立音大 NEW TIDE JAZZ ORCHESTRA』まで巻き込んで
繰り広げられるのは、究極の馬鹿騒ぎ。
色んな意味で全力過ぎる音に、間違った方向にぶっ飛んでった歌詞が乗っているので、
終始腹を抱えて笑ってしまいました。
(いや、ちゃんと普通に良い歌も混じっているんですけどね)
instrumentalもものすごく、はっちゃけてます。笑い死にさせる気ですか!

いつものぺーじゅん管弦節(笑)は抑えられていますが、
その分ビックバンドやピアノが縦横無尽に活躍。
本当、曲だけ聞けば壮大な名曲なのに、歌詞のせいで迷曲に……もちろん、良い意味で。
茶太さんはさすが、やる気なさにかけては右に出る者がいません。
柳 麻美さんはお洒落な歌声。担当キャラよりも真面目な曲ばっかりだったかな?
ゆいこさんは、はつらつと何歌っているんですか!? 元気を出す向きが違うよ!
あとね、Akiyamaさんは自重して下さい。まさかあの「アキヤマ」から命名?
『国立音大 NEW TIDE JAZZ ORCHESTRA』は豪華さに貢献。
全く、華やかにやらかしてこその馬鹿騒ぎですよ。

不況で何かとどんよりしている昨今ですが、そんな時こそこの一枚。
このレストランのメニューは、最高の音楽と元気と笑いです。
嫌なこともムカつくことも、りんご達と一緒に歌って踊って忘れちゃいましょう。

ウサギキノコ『eclipse 改』

大盛況のうちに絶盤となった『eclipse』が、新デザイン・新曲入りで復活!
『eclipse』は友人に借りて聞いたことがあるのですが、
新曲も入っているし、せっかくなので購入。
久々なのとイヤホンの違いとで、前とは全く違う気持ちで聞くことができました。

eclbn1.gif

切なさを滲ませたかと思えば気だるさを全面に出し、
時には可愛く時にはいたずらっぽく囁く茶太ボイスは健在。
bassyさんの多彩な音色も、彼女の七色の煌めきを最大限に引き出しています。
新曲では「蝕」が良い意味で茶太さんらしくなく、
意外な味わいを存分に堪能することができるのではないでしょうか。
ラストが「Whistle」から新曲の「至」になったのも、
また違った余韻を残してていいですね。

『eclipse』を買った人も、追加要素で十分お釣りが来ると思いますよ。
もちろん前回買い損ねた人は、また売り切れになる前に急いで買っちゃいましょう。
私のお気に入りは「Puzzle」「Always」。
茶太さんの魅力がぎゅっとつまった二曲だと感じました。

こっそり復活/今年のテーマ

四か月ほど行方不明になっていましたが、元気です。
筆不精はいつものことですが、ちょっと気を抜くとこうなってしまうとは……。
今さらですが、あけましておめでとうございます。
今年もゆるゆると気ままにやっていきますので、よろしくお願いします。
とりあえず気分を一新するため、テンプレートを変えてみました。
これも、いつものことですね。今回は季節問わず使える、可愛らしいデザインです。

さて、2008年のテーマは「恐れない」だったのですが(詳細はココ)。
うーん、達成率としては50%……いや43%ぐらいですね。
向かってくる未知や恐怖を何とかさばくのに精一杯という感じで、
自分から新しい世界を切り開くことはほとんど無かったです。
「やはり怖いものは怖い」と再認識した一年でもありました。

それを踏まえて、今年のテーマは「飛び込め!」です。
「視野を広げる」とも迷いましたが、より積極さが出てる方を選びました。
恐れてもいいから、とにかく挑戦してみよう。
色んな世界に飛び込んで、色んな私を探しにいこう。

その一環という訳でもないのですが、一部で話題のポメラをゲットしました。
これのおかげでブログ更新頻度も飛躍的に上昇……するといいなあ。

しかし思い返してみると、二年前の「input」から何も変わってないんでしょうね、私は。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。