国王陛下のお言葉、あるいは「聖戦のイベリア」考察メモ

SH国王陛下側サイトが更新されました(情報元:クロニカ学習帳のタレコミ)。
領拡の準備でお忙しいようで。悪魔に領拡にも出演してもらうよう、交渉頑張ってくださいね。
あ、だからと言って、ギャラ=契約の接吻なんてこと、しちゃ駄目ですよ?
それにしても【追記】が意味深……まさか、アレはそういう事なの?
やっぱり通常版も購入した方がいいのでしょうか。

借り物の知識や結果論としての答えでは、扉を開けた所で道筋を見失うだろう。


あうあう。勉強しなきゃ。

以下は昨日のイベリア記事の補足をちょいと。こういうのは、一つの記事にまとめた方がいいのかしら。
ひなたぼっこの人の記事も、大変参考になりますよ(トラックバック送りすぎですね、ごめんなさい)。
それにしてもgoogleとwikipediaは、リスニングや知識補充に大いに役に立ちます。借り物の知識だけどね!


■争いの系譜
 三姉妹の名前はサランダ・トゥリーン・エーニャかな。エーニャのセリフが相変わらずわからず。
 【書ハ物語ル】=the Old Testament story....(※storyは古い動詞)。つまり書=旧約聖書。 
 悪魔と少女の契約シーン、少女の方はアラビア語らしいです(誘惑に負けて、ちょっとだけ学習帳を覗いてしまいました……)。
 悪魔の方もそうなんでしょうか。それとも悪魔語だったりして、なんてね。

■石畳の緋き悪魔
 「約束されざる文字」って何だー! Ikeの英語がヒントになるのかしら、聞き取れないけど。

■侵略する者される者
 『赤い城塞』はAlhambra、つまりアルハンブラ宮殿ですね。世界史の知識がある人は一発で気づいたかも。
 <<兄弟>>はそのままアラビア語に訳して「アフ」。なので、少女はムスリムなのでしょう(根拠はここ)。
 あ、「弱い私は~」の部分、「争いの系譜」では”誰”だったのが、”何”に変わってますね。
 父母を殺した個人ではなく、その個人を殺人に駆り立てた背景(聖戦?)を憎むことにしたという感じ?
 イスハークが率いているのはebony(黒檀=黒人の肌)の軍、ラミレスが率いているのはivory(象牙色=白人の肌)の軍。
 で、その二人の紹介の直後の、Shaytanのものらしきセリフが聞き取りません……英語じゃないっぽい。
 農夫→ファッラーフ、羊飼→ライ(どちらもアラビア語)。おそらく冠詞つきで歌っているんだと思います。「即ち」の方は不明。
 というか、Shaytanの基本言語がわからないと、どうしようもないですね。
 そしてスペイン語が使われていない可能性も出てきました。
 スペイン語成立時期レコンキスタの時期のかぶり具合が微妙すぎるので。

■隠しURL(伏字)
 [よくよく見直したら、裏ジャケ裏(Romanで暗号解読表があった場所)の預言者の言葉がヒントになっていましたね。
 URLが初回限定版と通常版で違い、両方のURLにある絵を合わせると曲中のワンシーンになるのかなと踏んでいましたが、
 陛下のお言葉(【追記】)を考えるに、昨日有り得ないと切り捨てた
 「今後、RomanのようにMP3を配布する予定です」という意味なのかもしれないとも思えてきました。
 どちらにしろ、通常版のあの部分に何が隠されているのか、非常に気になります。初回限定版と同じかもしれないけど。
 何か、まことしやかにボーナストラック説が流れてるみたいです……うわああ、気になる。
 でも、しばらくは人様の考察を見ないって決めたんだ!


Comment

わくわく読ませていただきました
初期感想の記事と合わせ、自分にはない視点もいくつかあって興味深かったです(第六の地平線とか、スペイン語じゃなくてアラビア語とか)。

人の考察は見ない、と言いながら思いっきり見てますが、たぶんこれくらいは大丈夫!と言い聞かせつつ。

お互い、考察がんばりましょう。
ご訪問、ありがとうございます
何だかんだ言いつつ、ついつい見ちゃいますよね>人の考察。

第六の地平線は、最初にギリシャ神話が思い浮かんだのと、
学習帳辺りで「第六……次の地平線?」と言っていた人がいたので、
ググってみたらビンゴでした。

アラビア語は争いの系譜に使われていることを知り、
そういやあの子の服装は……と思って調べてみました。
まさに、google様様です(笑)。

そして、思い切りスペイン語も使われていることを、
かりんさんの記事で気づきました。ええ、争いの系譜の冒頭です。
あの韻はかっこよすぎだと思います。

ではでは。考察はもちろん、リスニングも頑張りましょうね!
  • 2007/08/04 20:28
  • water*blue
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メモ:聖戦のイベリア
Revoさんの仕掛けた魅力的な罠を喰らう覚悟があるならば、共にその謎に挑もう!というわけで色々メモ。不確定なところも多いでしょうが、メモですので。何かありましたらコメント下さるとありがたいです。最終更新:
  • 2007/08/04 01:13
  • URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。