「うみねこのなく頃に」ep6プレイメモ(3)

新キャラの登場で、物語は佳境に。

以下ネタばれ・乱文・長文注意。
クリア後に調べたり考えたりした部分は、青字で表示しています。

・さて、これは誰だ。OPの戦人だったりしてな
・何これ何これ超怖い
・あ、これ、ep1第二の晩の密室の「外からロックすればいい説」を間接的に否定してるのね

・本気で戦ったなら勝ち負けは関係ない。それはベアトのゲームでも?
・臆病というワードが嘉音と譲治で被ってるのか……うーん
・さて、嘉音くんは何のコスプレをしてくれるのかな?w
・やはり二つの恋愛は、まるで写し鑑のようだ   
・さあて、爆弾が来るのを覚悟しないとね……家具怪しいよ家具

・ブローチ自体にも注目するか……さすが巫女
・もしや、それがメッセージボトルなのか?
・そうね、あり得ない世界をあり得る世界にするのが、魔女のお仕事だ
・だからこそ「奇跡」や「努力」が上位の魔女として君臨するという訳、か
・黄金の真実来た……これは「物語として確定した」という扱いでいいのかしら。それにしても優しい魔法だ
・えーまだ寝かすのーw
・「別の解釈の魔法」!おお、これは聞き捨てならないぞ!
・ああ、同一人物云々じゃなく、ブローチが1個しかないから戦っていたのか。うーん、微妙に納得いかないけど
・あれ、種は三つ播いたって言ってたよね? さてはて

・源次、料理上手なんかww
・そう、気持ちっていうのは態度で表わさなければ伝わらないのよ!
・熊沢のばっちゃ、かっけええ! 素敵なおばあちゃんだ
・いやきっと、戦人がお父様で元ベアトがお母様なんだよ!
・あああ、そうようねそうよね、認められたい、証が欲しい!
・戦人と戦うためには、恋心が枷をした? でも、恋心そのものを壊すことができなかった。だから切り離して、封印した?
・ああ、悲しい、ぬいぐるみごっこ……でも、ベルゼの出オチに和んだ、ありがとう
・そっか、そうだよね>生い立ち。これで雛ベアトが、元ベアトが戦人のために残していった忘れ形見だとかだったら、もう号泣する。
 私が死んでも、私の恋心はずっと貴方の傍に
・何なの、この巡る環は。ずっとループしてしまうじゃない
・娘、娘ー! ヤバい、本当に幸せ家族計画である
・このベアトは戦人の心の中の対話の表れかなーと思いつつ、うわ、忘れ形見って、うわうわうわ

・今の流れとは全く関係ないけど、ふとヱリカがよく蜘蛛と表現されるのは、ベアト=蝶の天敵だからということに気付いた。うん、1エピソード遅いね

・チェック>チェスのようでチェスでない
・朱志香は「お嬢様」だけど、譲治は「おぼっちゃま」でないのね。まあ、本家にいるかどうかの違いか
・これは譲治有利だなあ、さてはて
・新曲素敵、で、こいつらか。言われてみればリボンが蝶っぽくはある。しかしだとしたら、服の色は……?
・よく見ると、髪型が違ったw サンホラRomanにおける双子みたいだ
・姉妹両方来たー! これは互いに分かれて決闘フラグ……しかし魔女勢はパッツン好きだなあ
・キャラ表:ゼパル男の娘疑惑wwwwいや待て、口調はそう見せかける罠で、もしかしたらフルフルが……。
 さて攻撃のフルフル→嘉音、防御のゼパル→紗音かね。もしくは「足りない所を補う」という意味で逆かも。
 そして草食男子については別にどうでもいい情報だよww
  →元ネタはこの方この方。序列は16と34。あれ、ラムダで紗代ちゃんじゃねえか
  →更に義哉=4+4+8=16という説を見る。おいおいおい
  →ということはゼパルが男……いやいや、まだ猫箱の中ですよ!

・しかし今ふと思ったけど、何故姉ベアトがブレザーで、雛ベアトがドレスなんだろうねー
・ヱリカ並みに妄想すると、ここら辺は嘉音と紗音の人格が、一つの体の主導権を争ってることになる訳だが、はてさて
・恋愛を成就させる力を与えるんじゃなくて、恋愛をする資格を与えるって感じなのかな。資格をもらった後は自力で頑張ってね、みたいな
・しかし口調と髪型・表情だけで、結構個性が上手く分かれてるな……素直にすごいと思う
・今回は観劇の魔女といい、すごく演劇くさいなー。偽書っぽさが出てる?
・ウロボロス出てきた。ベアトの人生の旅と関係ある? それこそ、自分の恋心を封印してきた結果が雛だよ! みたいな
・「紗音・嘉音が島を出るかどうか」に主眼がある以上、やはり二心同体って感じがするよなー
・ものすごく卑俗な例え:「パパが買ってきたお土産の高級ケーキは1ピースしかないよ!」
・譲治兄さん優しいけど、これは朱志香不利すぎるだろう……片や婚約まで至ったのに対し、もう片方はやっと始まったばかりなんだから。
 恋心っていうのは、付き合ってから更に成長するものです
・ちょ、それじゃ三つ巴になるwww三つの種の最後の一粒はこの子かー!
・じゃ、ep2はベアト勝利ってことになるんかな。でもあれ、間違った愛し方だよなw
・もう、ブローチ量産しちゃえよ、姉!(身も蓋もない         
・戦人は娘として見ようとしているけど、きっと本当は恋人のように扱われたいんだろうな、雛ちゃんは
・で、パケ絵の状態になる訳か……うわ、これ、ちょっと誰を応援したらいいのか分からないわ

・空き室wwwヱリカざまあww
・ガムテープに干渉とか、ちょっと想像したくない光景だw 
・殊勝な態度のヱリカさんなんて見たくないよー!    
・へwwwヱリカさん、どうしたのwwwえ、え?
  →僕だの俺だの、ころころ変わるなあ……昔付き合った男性達を回想しているのか? ヱリカたん、男性不信?
・しかし、ここでも、演劇が絡んでるのね
・ちょ、ヱリカ、気持ちが分かるけど、その手の追及のしかたは逆効果! 頭が良すぎるのも考えものである
・自分だけが愛しているような不安にかられて、相手を信じられないが故に狂ったのか
・お、これ、小冊子のあれじゃないですかー
・「愛」という言葉の定義にもよるよねー。ヱリカのその段階を超えて、初めて真実の愛の意味を知るのかもしれない。
 それこそ雛ベアトじゃないけど、無償の愛ってのはある  
・何だこれ、浮気している証拠なんて出る訳ないですよ、「心」そのものについての証拠は出せない。
 ああ、だから相手を理解しろ、信じろと? 愛がなければ視えないものを乗り越えろと?
・あー酷いゲームだな、これは。今までのベアトが、まさにこの状態だった?
・何が許されていない?
  →赤き真実か……絶対的真実を知らぬまま、闇雲に信じあうしかないのが人間? じゃあ、六軒島の真実は分からないまま?
・あ、赤き真実=心の証明、とも捉えられるか。「そなたは無能」じゃないけど、口に出した言葉が本心かどうかは、永遠に伝えられない
・でもこれ、他の魔女が、愛していた証拠の方を赤き真実に昇華したら……? それだと矛盾した赤が存在してしまうけれども
  →恐らく後の話から考えて、ロジックエラーを起こすんでしょうかね

・さすが譲治さん、言い切ったw
・亜由美さん。一応メモっとくか
・うーん、絵羽は本当に良くも悪くもお母さんなんだね
・「もう、いいよね」来たああ、これが試験だったのか!?
・言い切ったあああ、かっけえええ
・いやいや譲治さん、その論法はずるい。確かにそういう考えも持ってるけど、でもやっぱり愛ゆえなんだよ。
 それこそ、さっきのヱリカみたいなことになってるよー
・エヴァト、おめでとう! 散出演、本当におめでとう!
・なるほど、秀吉を選んだ彼女もまた、同じ茨の道を歩んだと
・ああ、もう、これはきついよ、うん。幻想フィルターを外すと譲治が自分を責めることで成長してるという訳だろうけど、だとしたら彼は本当に偉い
・魔女の暴力=愛の証明、なのか? うーん、じゃあ楼座とかは何なのだろう
・名台詞きたああああ! 魔王ジョージ!
・足蹴り母子ww
・服に突っ込むなwww
・おおい、殺しちゃダメですよー。ep3で源次がシャノカノを優しく殺したのに似てる?
・おお、ガァプさん、会いたかった!
・開かずの貴賓室、か

・やっぱり試験でした。ep4みたいだね
・これはナツヒ・ベアトリーチェ見れちゃう? いや、ここは蔵臼とのボクシング勝負か。そして雛ベアトの試験内容は?
・ああ、選択肢もう選んでることになってるのか。ep4朱志香さんとか、どうなのよ
・え、何故霧江さん? 前、二次創作で「朱志香は、仲良しだった戦人を苦しめた霧江を恨んでいる」というネタがあったが、まさかそんな感じなのか         
  →運命のルーレット、ね。今までもそんな感じのゆるーい決め方だったのかしらん
・だめー、この人に恋の相談しちゃだめーw
・!>お母さんの手記→呪い帳w         
・この時代でこれはすごいな、霧江さん。ついにここら辺の話が……わくわく
・譲治でもあったけど「人間的に優れているか」と「恋愛対象になるかどうか」は別だというお話
・乗り物恐怖症は演技! おい、戦人!
・ここら辺、蔵臼と絵羽に被るなー    
・意味深ですなー。絶対に奇跡まで飛び出すし
・霧江さん、こええええ。どこまでも狡猾な女      
・目が、目があああ! ああ、これが公式で言ってた猫の目か……!
  →違いましたね。裏お茶会で本当の猫の目が待っていましたw
・7つが全部煉獄の七姉妹に繋がってたら面白い。というか想定してたんだw
・素手かよwwこれがあの悪魔たちの力かね
・かちゃかちゃ言う音が気になる。あと、霧江さんがヘタレ化しなきゃいいけどw
  →あーあ、ヘタレてるヘタレてる
・へ、マモンに黄金の弓? へ、へ?
  →違った、レヴィアタンだ、しかし、え……?
・まさかお前、霧江の家具になったのか? 一族皆が一体ずつ家具を持つ新世界!
・この使えない文鎮がー!
・エンチャント=自己暗示みたいなものかしらね
・鍵にもなるんか、便利な杭だなww 仲良し嫉妬コンビ
・新曲、自重しろwwww最速の嫉妬さんのターン来ましたよー!
  →こうなると、最早ただの言いがかりであるw
・もう何が何だか分からない計算方法www
・ロノウェおはよー。そして久々に出たよ密室定義wしかしこれ、持久戦なんだから、いずれ霧江負けるんじゃない? はてさて
・なるほど観測待ちか! 上手い
・朱志香かっこいいよー。さて、これが今までの密室殺人とどう絡むか

・新曲新曲。はて、次はベアト。まさか今までのゲーム盤が、彼女の試練だったとでも?
・しかし基本的に試練を掛けられるのは右代宮家の人間の方なんだよね。家具は受け身でなければならないのか、それとも今から試されるのか
  →あ、やっぱり全員やるのか。しかし、ここらの魔法云々はヱリカにも近いものがある
・おおおお、借金してたの、真里亞の父親か! 意外にも気づかなかった!   
・子供が生きていても死産でも地獄は続くんだなあ……
・いやいや、返済しても帰ってこなかったら、もっと傷つくって
・恋の裏の顔を知ることも試練のうち、なのかもね   
・6、9、18,19。六軒島に九羽鳥庵、あと本屋敷の名前は何だっけ?
・恋は戦争!
・金蔵との関係も気になるねー
・あら、楼座無双は見られない?→マリア来たああああ。うんうん、マリアのママに対する思いは一筋縄ではいかないよね         
・しかし今回、顔アップ多いなあ。ちょっと単調である     
・外交官特権、便利だなあ
・ママがみんなを殺したように、か
・ここで紗音参入……!かっこいい&怪しい!

・なっぴー! これで5人死亡。例の閉じ込められた男を含めて、第一の晩?
・ここであの霊鏡か 
・霊鏡は駄目ときたか。ふむ、悪霊信仰と混ざる前の元々のベアトの特徴を持ってる?
・反魔法毒素が絡む? 自分を信じられない自分の目を見てしまった
・ぶわっ、やっぱりそうだよね、娘じゃ嫌なんだよね!
・尽くすためではなく、愛し愛されるため……! 変にヱリカ的に勘繰れば、「恋人ができない戦人が自ら生み出したお人形」になっちゃうんだが
・傲慢のルシファーね。うむうむ
・生命力すげえ
・悪魔の力だったら、朱志香も借りてたじゃねえかw 自分の手で殺すことが重要?
  →え、ちょ、戦人助けたのかよ! うわ、うわあああ         
・そしてやっぱり第一の晩なのか
・あああ、これは逆に苦しいよ地獄だよ、過去の自分に嫉妬しちゃうよおおお。愛している人に娘呼ばわりとかあああ
・で、戦人が参加して生贄が六人ね。それで、何で最後はヱリカと結婚する羽目になるのか想像がつかねえw

・連続殺人と見せかけた殺人とかねー
・赤インクw
・ほう!>それは八城の主張
・何その「みんな、二次創作していいよ!」発言(違
・なるほど、無限の魔女の増殖が狙いだったと。だから興味を持たせるような手段で伝達した
・ep3以降は全部、優しい八城様のヒント!
・片翼を二枚合わせて……的な話でもある。人は一人では生きられない、がテーマ?


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。