「うみねこのなく頃に」ep6プレイメモ(4)

論戦、開始。

以下ネタばれ・乱文・長文注意。
クリア後に調べたり考えたりした部分は、青字で表示しています。

・ヱリカさん乙ww さてはて、どう飾りつけられているやら
・割とストイックなベルン様
・ヱリカさんマジ可哀相www 彼女こそ、ベルンのぬいぐるみなのかもね
・戦人と真里亞! まさか、魔術師様は自分を捧げたってのか!戦人死亡は、超新展開になる訳だが
・あっさりスルーするけど、探偵さん、それでいいのかい?
・戦人さんの帽子掛けー!→チェーン部屋きたああ         
・あ、でもあれだ、珍しく父親陣が全員生き残っている。素晴らしい
・やはり戦人。さてこれで、「自分で作った密室から、自分で出られない」事になる訳か。いやはや、バトラさん、マジパネエ
・好意的な解釈をすれば「親族を殺すのが忍びなかったので、自分で駒数を稼いだ」とも捉えられる
・明日夢さん死亡にも通じるものがあるねー
・やはり、装飾して罪を肩代わりするのが魔女の仕事、か。
・今回はヱリカさんの視認=キャラ表更新ですね。死因は確認できなかったと。  
・馬鹿らしいのも確認しなきゃ駄目よw  
・上手く使用人たちを疑わせないような構成になってるな>マスターキー
・六連鎖密室は美しかったねー
・愛してるなら、赤く見えるはず。ちょっと気になる発言ねー
・ここら辺の会話はどこまで信じていいものやら
・お前ら本当、お得な立ち位置なんだなwww
・いや待て「密室」「殺人」でも、「密室殺人」では無いかもよ!?
  →ここら辺、結果から考えるとブラフ張って遊んでたんですね
・今頃だけど、金蔵さんが抜けてヱリカが入ったので、綺麗に人数が18に戻ってたわね
・当たり前だが、男連中ばかりである
・うん、犯人の定義は難しいよねー
・こう見ると、今度は魔女側有利っぽく見えるんだが、うーん。もうヱリカ犯人でよくね?w
・楽しそうに、か。それ、かつてのベアバトだよなー。まさかそうなりたくて、あのベアトになった?

・情けない男たちである。窓から呼びいれたっていうのは、どうかしら?
・うん、怪しいよね、使用人配置。おそらく、金蔵の死を隠すためなんだろうけど
・本心では「事件もっと起こってー」って思っているに違いないw
・これでいとこ二人が死んでいたら、第二の晩である。ちょっと、寄り添っているかどうかは微妙なラインだけど
・おい、探偵が仲間割れを示唆して、どうするつもりなんだ
・じゃあ、妻同士で殺し合えばいいんじゃないかな?
・指を、食い千切る
・日々わくわくしているw

・うんうん、そうなんだよねー。どちらかに有利かは、難しい所。
 魔女側から見ても、とんでもない所から弾が飛んでくる可能性があるし
・その希望の種のまき方は、かつてのベアトと一緒ではないか?
・外に連れ出してくれるの……! 六軒島の外へ出ることは、紗音などの希望でもあったはず。うーん 
・黒歴史最高傑作wwww    
・関係ないけど、姉ベアトは薔薇のコサージュをつけてなくて、雛ベアトはつけてる。
 で、他のベアトリーチェ達もエンジェ以外はつけている。ふむ、ヒントがあるようなないような
・踏みにじった結果が、六軒島連続殺人事件? 
・シャノカノ同一説なら、天秤になるよ!

・ベルン様マジ鬼畜
・魔女の世界は信じるか信じないかの二択で、繊細な心の動きは考えてない?
・確かにベアバトはいちゃつきすぎだw
・いやあ、ヱリカさん本当可哀相
・最早ヱリカいじめて憂さ晴らししている、ただの嫌な人である
・しかし、このヱリカの尽くしっぷりは、雛ベアトに通じるものがある。YOU,試練にチャレンジしちゃいなよ!
・しかし何故、魔法以外では不可能な密室が理解の証明になるのか分からんな
・戦人優しいなあ。ラムダは空気読める子だなあ
・全力が今回のテーマだなあ。おいおい、バトヱリ来ちゃってるよ
・真実は各自の心の中にありさえばいい?
・いや、それはヱリカさんが可哀相すぎるからww
・ほら、お顔にまた皺ができますよー。昔の無表情キャラどこ行ったw
  →しかし、このベルンの変化が何かを示唆しているとは考えられないか。奇跡が動き出した、とか
・戦人さん、あんたそれ、前回ベアトに言ってた!
・いきなり怖くなったw
・しかし何だこのヱリカの頑張り物語は。北風と太陽作戦なのか?
・個人を憎むな、行為を憎め、ね
・何その特例wwこのレートを上げるという行為が、まさにベアトが今まで行っていたことだった? 
・遡るのか! この場合、事件発覚後の記憶をヱリカは持っているのか? だとしたら、相当有利だけども
  →おいおい、記憶有りかよ、大丈夫か……
・どんどんバトヱリとベアバトが被っていく      
・しかし、これがどうして、OPのような展開になるのやら
・やっぱり、騙してやがったかあああ。お前、どんだけガムテープ好きなんだよwwwww
・演技じゃないwww

・戦人はあっちにこっちと忙しいですねー
・リタイア組が第二の晩なんですね、分かります
・理想の世界=黄金郷になっちゃうのかなあ。まあ、古くから全ての恋が叶う訳がないことは立証されておりますけども
 →む、触れてきたか。さてはて         
・なるほど、運がある方が勝ちと。あるいは協力し合えと?
・それ、誰かが裏切ったら大変嫌だね☆
・その乱数発生器に任せてたのが金蔵さんですかね

・さて、ヱリカさんは何が目的なんだか。とりあえず、これらの部屋にはガムテープを貼ってくれそうだが
・あ、上手くカップル同士で入ってるのね、なるなる
・本当に男嫌いだなw 
・秀吉何やってんのw
・ちょっと待て、お前自身はどうなるw
・プルプルピコ丸www
・全員という所で、何かトリックを仕掛けようと考えてそうだな
・あ、今、封印するのか。なるなる。さてはて、これは何だ? 誰も犯行できない→トリックで説明できる余地がない→ルール違反だ! とか、やらかすのか?
 それとも今こそ探偵の汚名を晴らし、事件を未然に防いでみせるのか?
  →結果的には、ほぼ前者で正解でした
・あとはあれか「私が犯人なんですよおお、ほら、前回の貴方と同じ手を使いましたああ」とか?
・ああ、そうか、この中で人が死んでれば、中の人疑いたい放題ですねー
・しかし、推理しながら状況を良いように操れるヱリカは良いなあ。戦人はどこまで自分の駒を操れてたんだろう
・ガァプさん、かな?
・なるほど、内に閉じ込めたのなら、外から置くのね
・な、何だ何だ……怖いよう
  →嘘つけww後で報告して、あっちのボロを狙う気満々だろうww  それで「出られない」か……!?
・これはずるいだろ、変えろよ、マスター権限でやり直せよ!
・ひでえ、反則手狙いとか、酷過ぎる
・ふむふむ、出来るんだけど、そのための過程を省略して魔法で脚色すると。で、もし封印を破らずに封筒が存在して、
 トリックがあれだったら、それは「出来ないこと」なので魔法にすらならないと。魔法も万能じゃないのねえ
・なるほどなるほど、差し替えられればいいのか。で、戦人はそれが出来なくて、出られなくて、あんなことに……?
 おいおい、ep4もそうだけど、何で人間側が密室に閉じ込めてるんだよ
・なるほど、赤い真実は退路をも断ってしまう訳か
・ていうか、嘘でも赤き真実言えちゃうんだねw ep4では喉に引っ掛かってたけど
・そういや連載漫画で、作者自ら「途中で犯人変えた」って言ってたのがあったなw まあ、描かれるまでは猫箱ってことだ
・しかしこれだと、竜ちゃんが皆の動向を見て、トリックの正解を選び決めてることになっちゃうね。
 まあ赤字で可能性を絞ってるとはいえ、ちょっと小ずるくはある。
 「パンはパンでも、食べられないパンは?」とか、そういう小学生みたいな感じのずるさ
  →本当にそういう差し替えトリックを、終盤で持ち出してきましたね
・いや、差出人差し替えだと、戦人の死体消失の問題が解決されないぜ?   
  →あ、無かったことにもできるんだw 良かった良かった
・おいおい、そこは泥水啜っておく所だよおおお
・ああ、雛ベアト、かわいそすぎて可愛い     
・この無能がああああ、些細な勝負に拘って反則をおかす馬鹿がどこにいる!
・猫箱観測しちゃ、駄目ええええ 
・そんな戦い方があるかー!    
・クローゼットとか、がんがん開けて観測しちゃえばいいんだからねー
・わお、ただでさえ思いついてないものを、さっさと第三者に見せろと言うのですか
・普通、その立会人がゲームマスターの役割なんだけどねえ。GMがゲームに参加してる不思議空間なのは相変わらず 
・あら、いつの間にかポーカーになっちゃってた
・やっぱりラムダさんはまとも
・後から思いついた設定変更もありってことね
  →無限に繰り返される並行世界ってことかな

・ちょ、だから駄目えええええ。おいおいこれ、どっちに転んでもヱリカの勝ちじゃねえか。
・なっぴー愛人疑惑と同じいやらしさを感じる
・バスルームに持ってった? その場合、戦人が自分で移動したことになる訳かな
・ふむ、また謎を一つ増やしちゃいましたねー。目くらまし?
・棺桶、だと→やはり、クローゼットが焦点になるのか
・これで「いえ、いません」→「実は封印してました☆ねえねえ、どうやったの、どうやったの!?」とかだったら泣く
・おいおい、戦人さん、大丈夫か
  →おいおいおい、危ない危ない危ない!
・「いや、念のためクローゼットも封印しときました☆」で防がれるから、その逃げ道! 後付けOK空間なんだし!
・ほらああああ、だから言わんこっちゃない
・どこまでもガムテープの魔女である。全く、最初からそう言えばいいのに、やらしい魔女である。
・いやいやいや、それ反則手になるから! 今からトリック思いつきますか!?
  →まぁた、あんたは賭けに出る気か!
・実はヱリカさん節穴で、開けた瞬間、横を通ったんだよ!
 ていうか、暗いうちに通ればいいじゃん。暗い状態でチェーン直せないだろうし
・ep5の夏妃論法だよね……やらしいやらしい
・やっちまったああ。ああ、もう、知らないよどうなっても! こうなると、OPでアレをわざわざ見せたのが気になるねえ
・なるほど、認めないが故の地獄か……!
・ラムダ良い子だなあ。ベアト側だったからかしらね。それと、このゲーム盤でもっとベルンと遊びたいからかしら
・信じろ信じろ信じろ! 今は無理でも、ep8ぐらいで助けられるから!
・やきもきさせんなw

・ちょ、ええええwwwあれ、OPブラフwwwwはは、やらしいやらしいwwwwまた引っ繰り返されなければいいけど
・奇跡を待つ魔女と呼ぶ魔女ねえ
・安易に彼の母とか使っちゃダメw
・なるほど、その手があったか! すげえ、上手く赤字をギリギリラインで潜り抜けた!
・ちょ、赤字やめてええええええ。せっかく、相手が例外を残したのを利用して勝てたと思ったのに! 何で、何でなのおおおお         
・しかし何でラムダが代わって考えてやってるんだw ていうか、これ、トリックねたばらししてる訳だが、いいのか
・遡って死因を特定→確実に死んでいた?
・見間違いが浮かんだけど、でもそれをどうやって赤き真実に……?
・え、ちょ、それは、えええええ、でもどうやって使うのさ!?
  →は、「私が確実に殺してあげました!」か!? えええええ、やらしいにも程がある!
・うは、やっぱりそうか、この女、悪魔だあああ
・悪魔! 悪魔! ひでええええ。ああ、戦人らしい優しい筋書きが、毒蜘蛛によって汚された、汚されたああああ 
・六連鎖密室も、最初から死んでいた金蔵を除けば、結構皆まともな所で死んでる?
・ちょ、待て、遡り手! 遡り手!
・全然美しくねえよ!
・は、ヱリカさん! ヱリカさんがいるよ! あと見間違いとかねっ
・お茶会で試練を突破し、見事復活したベアトが助けてくれる、そう信じたい!
・それで、あの状態になる訳か……!
・狭い空間にもぐれ、と……? これがベルンの驕りであってほしいが
  →うは、やっぱりそう言うことかあああ    
・ラムダは地獄の生還者なのか     
・しかしこの密室描写、恋の話にそっくりだ
・ちょ、妄想説やめてー!
・そうか、ラムダが優しかったのは、恐怖を知り尽くしてるからだったのか
・ここら辺の話はどこまで真面目に以下略。さて、戦人さんもep5ベアト状態になっちまいました
・おおお、ラムダさん、ありがとうありがとう
・なるほど、ベアトは読書家……あれ、戦人さんも読書家ですよね?

・ちょ、この二人何言ってんのwww
  →この段階で和むギャグをいれようとしたんだろうが、逆に辛い……ともかく、こちらのお話が進むのはありがたい
・ああ、戦人が一抜けってことか。他の二組は楽々、第二の晩通過ってこと。関係ないけど、今回碑文どこ行った
・それで、あの結婚式が逃れ得ぬ運命となる?
・あ、もしかして髪の色、冷静と情熱?    
・駄目、信じなきゃ奇跡は起きない!
・やっぱり君たちヒントか!

・やはり朗読者も物語に干渉する……?
・ずっとずっと「考えなさい」って言ってきてるよね、竜ちゃんは。一方では屈すのも楽しみ方の一つとは言ってるけど

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。