「うみねこのなく頃に」ep7プレイメモ(1)

※長らく実況垂れ流し状態のまま放置していて、申し訳ありませんでした。

うみねこep7、無事プレイ終了しました。
今回は解答編ということもあり、比較的さくさくと読み進むことができました。
その分、萌え的な意味では、ちょっと物足りなかったかも……あ、でも、
今回明らかになった「真実」を適用して、過去のエピソードをもっと楽しむことができるな!
完結したら、是非とも最初から読みなおしてみたいです。

今回は、章題ごとに分割する方法を取りました。
とはいえ、先の展開を含めた考察をプレイ後に追記していたりもするので、
最後までプレイしてから読むことをオススメします。
(章題別の詳しい内容は、うみねこwikiを参考にして下さい)

と言う訳で、以下ネタばれ・乱文・長文注意。今回は、プレイ開始から「楼座の告白」まで。
クリア後に調べたり考えたりした部分は、青字で表示しています。

・タイトル画面:ここ何処だ?/葬儀の予定ね……/難易度は少しだけございます    
・あら、海外向けの文句が増えてる。何かあったのかしら


オープニング
・「波間の真砂」……前に絵羽が、浜の真砂の話をしてたっけ
・夢は永遠に消えることはない……? 「真実」として確定してしまったから?
・「あなたの最後の夢の立会人 ワルギリア」
  →この手紙の冒頭、ウィルの決め台詞とそっくりでしたね
・おおっと、いきなり解決編ですかい。ライト卿来るー? 女性審問官=絶壁さん?
・アリバイ矛盾=真犯人、ではないけどね。
 ep5の夏妃のように、犯人以外も何らかの理由で偽証することはある
・「ミステリーに動機は不要」トリロジのことかー!
 実際、ホワイダニットが重視されない作品も少なくないもんね
・本当に「お葬式」なのか……ベアトー!
・棋譜。先程の物語と関係が?
・「唯一の物語」誰にも読まれない物語に価値はあるのか?
  ……ベルンさんやヱリカさんなら、墓荒らしをしてでも汚しそうだけどw
・先程の続き……名探偵登場?
  →うんうん、ホワイダニット大事!(※ただし二次元に限る)
・もう退屈しなくてすむもんね……そりゃ楽しい夢を見られるかもね……
  →いやあ、ベルンさん辺りは(以下略
・敢えて言葉を明記しない……!
・ここで、この遣り取りか!
・感情論はねえ……真犯人でもスラスラ言えちゃうのがねえ……
・仮にこれを本編に適用するとなると、「動機を無視したパズル的解答は却下」なのかな?
 でも、それこそ右代宮家の面々は、如何様にも動機を捏造できるんだよにゃー。
 ……それが駄目、なのかも。実は仲良し一族で、遺産の争いなんて無かった?
・でもね、たまーに動機の線から、犯人を搾……じゃなかった、絞り出せたりするのよね
・SSVDきたああ!
・きょ、強制された自白に法的根拠は無いです! しっかし、ここまでして自白させよう
 とする辺り、逆説的に自白の重要性を意味してるよなー。
 物理的証拠を幾ら積み上げても、犯人が自らの犯罪を認めないと意味がないというか
  →あ、要らないの、自白? 欲しいのは赤き真実?
・ちょ、お前、そっち側なの、イトミミズさんwww
  →うわあ、分かりやすい名探偵ポジションですこと
・ホワイダニット至上主義wwwある意味、珍しいタイプの名探偵だ。
 いや、ほら、大抵の名探偵って、パズル好きみたいな一面あるじゃん
・ですよねー、アリバイ崩しは十八番ですよねー。
 「大広間の時計の音は正確に正午を刻んだか?」これはヒント?
・そう、アリバイ偽証は犯人以外でも行う可能性がある!
・イトミミズさんマジイケメン。拷問とはまた、ベルン的な趣向ですな。
 ますます、「バトラが書いた物語」って感じがする
・「動機から推理可能」!!!
・うわあ、そのシラミ潰し効率悪いw
  →うん、推理じゃないね
・赤字ktkr。それにしても、薄目が微妙にかっこわ……いえ、何でもないです
・ヴァン・ダイン二十則きたあああ! もちろん、暗記などしておらぬのでググった

「端役の使用人等を犯人にするのは安易な解決策である。
その程度の人物が犯す犯罪ならわざわざ本に書くほどの事はない」

 だそうで。色々突っ込みどころがあるなw
  →しっかし、第3則とか、危うすぎて今から心配w あくまでも「不必要な」だけど
  →あるいは、ここから「この物語はミステリーではなく、ファンタジーである」と
   読み取れるかもしれない。だから、お茶会でウィルの二十の楔が効かなかった

・主席を名乗りたかったら」相手は誰だろう?
 名もなき異端審問官か、若き頃のドラノールか。まあ、前者なんだろうけど
・「犯行以外のプライベートでは、いかなる幻想も保証される」
 ep5の夏妃がそうでしたな
・一見、ホワイダニットを重視しない「彼女」の方が論理的に見えるが、実はイトミミズの方が「犯行
 時刻の自白(それに至る拷問)」を必要としない分、論理的な解決方法である、という面白い話
・「人間は誰しも自分だけの真実を持つ。それは、罪を犯した時にのみ暴かれる」
 ep4で感じてた、「真実主観説」が、ここに結晶した……! 
  →つまり、お茶会でベルンが示した「真実」もまた、
   主観的なものに過ぎないと考えることも可能

・何だその、美味しい裏事情www必要なラブロマンスwww
 伏線は今までの展開にあったのかしらwww
・推理は心! 名言来ました!
  →「ただの知的強姦者」おいヱリカ、disられてるぞwww         
・やっぱり魔術師狩りのライト卿でしたかww しかし、性格が割と予想外/
 昔は冷血なエースだったが、何かのキッカケで……って、どんだけテンプレキャラだよ
・何か、すっごいカッコいいの見せられたw さて、OP


ベアトリーチェ殺人事件
・あの礼拝堂は、結婚式ではなく、葬式のためにあったのか……
 「安らかに眠れ、我が最愛の魔女ベアトリーチェ」
・ウィルが来た、だと……
  →受付は嘉音。ep6の絡みからかな?
・「待ち合わせ」「封筒」……ベアトはウィルに、何かを託していた?
・……ここまできて、棺の中身がベアトじゃなかったらどうしよう、とか、
 そういう不安が。竜ちゃんならやり兼ねないと思ってるw
  →と思った矢先に、金蔵だよwww
・というか、故人(ベアト)の遺族≒右代宮家なのに、胸がきゅっと締め付けられた
・遺体がない、だと
・1986年10月5日……六軒島大量殺人事件の終わりの日、か
・ミセスです! 前回ミセスになりました!
  →ん、本当にベアトとは縁がないのか。それでも最低限の礼儀を尽くすウィルさんは
   出来た男だな……
・「喪主の代行」本当の喪主は金蔵? バトラ?
  →「子どもの理御」おい、ちょっと待て、朱志香どこいったああああ!
  →Tips:お兄ちゃん、だと……おいおいおいおい、伏線どこにあったよ!?
   確かに「長女」は、兄がいても成り立つんだが……ううむ
  →しかも、次期当主か……蔵臼は飛び越された?
・ウィルさんに代弁されたwww
・あれか、譲治と朱志香の良い所取りキャラって感じなのかな
・でもそうか、「兄」がいれば、朱志香の負担は激減するし、
 嘉音とくっついて島に出るのにも、支障がかなり少なくなるよな。
 それに、後継者選びも「長男の息子」で、絵羽が口を挟む隙間がなくスムーズだ。
 ある意味、理御は「皆の理想の存在」の具現化って感じだなあ
・なんか、ベルンさんが新たに作り出した手駒臭を感じてしまう……
 性格が「夏妃が、朱志香に持って欲しかった品格」そのままなのもなあ……
 こんなの幻想だー!
  →見ての通り、後に性別云々の話が出てくるまで、理御を男だと信じ込んでいました。
   その方が、前述のように、色々と都合が良いんですよね。
   (逆に、「だからこそ、女性だが、男装している」とも考えられます)

・うん、まあ、「何で従兄弟達、一人っ子ばかりなん?」とは思ってたんだが……
 こうなったらもう、譲治の妹に期待しちゃうかな!
・「何かの座興が始まっているらしい」これも罠のうち、なのか?
 ウィルは誰に誘われた?         
  →やっぱりベルンさんの仕業っすか         
・どんな大きい猫箱だよ、それ……まさか、全員の出生を弄れちゃうのか?
・さすがベルンさんwww こりゃ、ヱリカ再登場は無いですかねえ。
 縁寿があっさり復活できたから、有ってもおかしくなさそうだけど
・なるほど、「当主代行」ね。ということは、金蔵はもう一線を退いたのかな?
・というか、理御君何歳? あと、名前に「おん」が入ってるのが気になります。
 「紗音」「嘉音」とは関係ない、よね?
  →関係ありまくりだったよ!
・ライトさんの魔女狩り無双開始、なのか? しかし、伏線なんぞ、
 どっかに投げ打ったような展開ですなあ。ヴァン・ダインさん怒っちゃうよ!    
・「ベアトリーチェを殺したのは誰か」なん、だと……・
・本当に、理御は仲間なのかねー。どうしても、裏がある気がする。
 あるいは、美しく詰めることで、何らかの致命的な欠陥が明らかになるとか?
・ポップコーン投げつけんなwww
・二十則便利だなーw
・「全てはここに揃っている」”ここ”とは、何処か?
・やっぱり、ハラワタを他人に引きずり出させようという算段か……ベルン様、流石です
・嘉音の名前すら覚えていない。朱志香と対照的なのと同時に、
 「何でお前、いつもいる家具の名前を覚えてないの?」疑惑ががが。
 単純に、家具は視界にすら入っていません、ってことなのかなあ
・あーでも、我々が知らないだけで、「音」系使用人はたくさんいるんだっけ。
 なら、覚えられなくても仕方ないかしら。逆に、何故あの事件の時、
 わざわざ一族との仲が強い「紗音」「嘉音」がいたのか……ってのは、散々既出ね
・源次はともかく、郷田も覚えてるのかw
・うへえ、強力な結界ですか。対象範囲は島全体? それともまさか、礼拝堂のみ?
  →げ、礼拝堂オンリーかw
・うーん、そもそも、何故ベアトは亡くなって、しかもそれを皆平然と受け入れてるのか
 ……そこが問題ですねえ
・ダイアナって誰だwww         
  →文を読む限り、猫っぽい……?
  →当たりでしたね。「縁寿の比喩では?」という説も


楼座の告白
・「愛人」あっさりとw
・つまり、我々と同じ立場、と>ライト卿
・名前を知ることが、対等になるための第一歩
・当主の扱いひどいなw
・どうでもいいけど、理御と朱志香の髪色は、どっから来ているんかな。
 朱志香はともかく、真面目な理御が髪を染めるとは思えないんだけど
・「母さん」いや、一応、ね
  →まさかの大当たりだよ!
・「かつての恩人」そりゃ、愛人とは認めませんわな
・あれえ、これ理御さんが敵だと、すごい不都合だぞー☆
  →ワトソン君www そして、猫だとバレてるw 意外と良いコンビかも。
・「事件解決だな」「早計です」ちょっと笑ったw
 まあでも、あの事件を差し引いても、楼座はキーパーソンだよね
・「事故」ep5の夏妃にも言えること?
・「海が青いことを教えてくれた」
・「ありがとう」と囁き続けられても怖いけどなw
・「許す」楼座にとっては、とても重要な言葉
・隠してきたことが、一番の罪ねえ……
・19か18年前。うーむ、怪しいw
 ああ、そう言えば確定情報あったな。やばい、忘れてらぁ
・やっと、見た目の確認に入ったか
・有閑マダムwww 言われてみれば,確かにw
・娘、かしら
  →あ、秀吉に言われたw 海外では、親の名前を継いだりするしね
・ベアトが二人、というのは、ep6とも辻褄があう。あの二人は姉妹だったけど
・(ところで、ウィルさんが頭を描くのは、金田一のモノマネなのかしらん
・源次に打ち明けた!
・意外と可愛いところあるんだな、理御w
・(そして、未だに朱志香と戦人の立ち絵が出てきてない件について
・ていうか、金蔵死亡説はどこいったんだ……
・これ、ベルンさん、後でラムダ辺りから処刑食らいそうだなw
・紗音も理御の名前が怪しい……急拵えの駒だから?
   →お、突っ込んだか。ライト卿有能過ぎるw
・紗音や嘉音は、エピソード間の記憶を受け継いでる節があるからな……
 ここで疑問を持つ駒としては適役か
  →そもそも、彼等もベアトも「ヤスの一人格(もしくは妄想キャラ)」
   なので、記憶を引き継いでるのは当たり前なのかも

・ふむ、特設舞台ねえ。じゃあ何故、理御を用意した?
・3人のベアト。ep6に当てはめると、母と姉妹?
・二人揃えない理由が?
  →ロボ化したー! さて、誰の妨害か
・「観劇」メタ世界からの観察のこと?
・BGMカッコいいなあと思いつつ、紗音の喋り方にゾクゾクしている。
 やはり、ここが、核なのか……?
・あれか、あんまり簡単過ぎるチェックメイトは、観測者がお気に召さないとか?
・上手い言い分であるのと同時に、今までのエピソードを考えると意味深

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。