「俺の屍を越えてゆけ」PSP版プレイ日記① ~肉弾茅上軍記・1018年度~ 


俺の屍を越えてゆけ PSP the Best俺の屍を越えてゆけ PSP the Best
(2012/11/01)
Sony PSP

商品詳細を見る

思い立った時が、始め時。
という訳で、始めてみました、『俺の屍を越えてゆけ』PSP版
長らく友人から薦められていて、気になっていたんですよねー。

折角なので、SS満載で、一族史(プレイ日記)を付けてみたいと思います。
さてはて、下記のような当主で、一族の悲願は達成できるのか?

名前
茅上 枢(ちがみ くるる)。twitterで使ってるものですね。
苗字は、狭野茅上娘子から拝借しました。
名前は語感が決め手でしたが、「扉の心棒の突起/止め木」と、ある意味、当主っぽいかも?

スケジュール管理
超苦手。

今までのゲームにおける、主なプレイスタイル
レベルを上げて、物理で殴る。

事前情報
友人から漏れ聞いた分+説明書ぐらい。詰まったら、攻略サイトを見る予定。

ゲームモード
じっくり


以下、ネタバレ・乱文注意。最初の一年編。
……このゲームのネタバレって、何だろう?

oreshika_0025.jpeg

それにしても、肉弾って。プレイスタイル通りだけども!

序章
朱点童子、意外と怖かった……いや、何か、「序盤の噛ませ」みたいな印象が有ったもので。
あと、やっと、額の宝玉の意味を知る。あれが、呪いの証かー。


開始
大和撫子ですよ、はい。誕生日は、中の人と同じ。戦装束は、黒-紅だったはず。
初めての交神は、火の神・焼津ノ若銛様にお願いいたしました。
元々、狭野茅上娘子から姓を頂いた理由が、下記の歌だったもので。あと、イケメンだし

君が行く道の長手を繰りたたね焼き滅ぼさむ天の火もがも



1018年4月
oreshika_0004.jpeg
鉄心石腸って、初めて聞きました。軍記名といい、力強さを感じる。

oreshika_0005.jpeg
長男坊の名前は、素直に「始まりの子」ということで、「始(はじめ)」。
プレイ前は「花の和名や、色の和名にしようかなー」と思ってましたが、直感に従いました。
父の血を継いで、火の力が強い、血気盛んな子です。お金、頑張って稼ごうね。

oreshika_0006.jpeg
それにしても、イツ花は面白い。


1018年5月~6月
せっせこ二人で、討伐の日々。携帯袋やダッシュの運用が難しい。
どうでもいいけど、黄川人の講座の直後に、イツ花が号令を掛けるの、すごく面白い。


1018年7月
うっかり奥に行きすぎて、強敵に出会い、始の体力がゼロに。
何とか大将を倒し、慌てて京に帰還。


1018年8月
oreshika_0011.jpeg
始の健康度も心配だし、ここらで交神することに。
回復役が欲しいので、淀ノ蛇麻呂様、よろしくお願いします。


1018年9月
薙刀士が前列トップバッターだと、楽でいいなあ。
……と、調子に乗って、また奥に行きすぎて……。

oreshika_0012.jpeg
始まりの子は、始めに逝く子になってしまいました。
……正直に言えば、ここでセーブせずリセットするか、迷いました。
しかし、この子の遺言と、以前聞いたイツ花の言葉を胸に、前へ進むことに。


1018年10月
すれ違いで、長女が誕生。そうか、お兄ちゃんは、妹に会えなかったのか……。

oreshika_0013.jpeg
「過ちを繰り返さず、命を大事にしよう」ということで、「命(みこと)」と命名。
本来ならば、兄の後ろで弓を引かせるつもりだったのですが、急遽薙刀士に。
そりゃ、口癖が、そうなるわ……。


1018年11月
先月から引き続き、当主一人で奉納点稼ぎ。寂しいとは言えない。
(今思えば、このタイミングで交神しても良かったかも)


1018年12月
oreshika_0015.jpeg
初代当主も、そろそろ良い年。という訳で、命の初陣を見送り、交神。
「とりあえず、色んな属性を試してみよう!」ということで、今回のイケメンは、風馬 慎兵様。

oreshika_0016.jpeg
なんと!


1019年1月
枢と命が、唯一、一緒に出陣した月でした。
道中、どんな会話を交わしたのでしょう。


1019年2月
双子(次男・三男)、誕生。

oreshika_0018.jpeg
兄は、勇猛そうな顔立ちだったため、「家族を牽引する者」ということで「牽(けん)」。
(ここで早くも、「読み三文字縛り」が消失)
枢の後を継いで、剣士になってもらいましょう。しかし何だ、その特技は。

oreshika_0019.jpeg
弟は、優しそうな顔。兄が前に引っ張っていくのなら、弟には後ろを警戒してもらいましょう。
という訳で、「警(けい)」と命名。ケンとケイで、音も揃ってるしね。
一族初の弓使いは、弱点が分かりやすかった。箪笥にでもぶつけたのかい。

ここから、当主は訓練係で、命のみの出陣。
とりあえず、今月は牽の方を鍛えてもらいましょう。
……と思ったら、うっかり帰還し忘れて、2ヶ月連続に……警、ごめん。


1019年3月
oreshika_0023.jpeg
初代当主、散る。遺言は固定なんでしょうが、親を亡くす悲しみも、
子を亡くす悲しみも、両方知っている彼女が言うと、より重みが増します。

oreshika_0020.jpeg
第二代当主は、命ちゃん。本来ならば、始の後ろで、のんびり成長できたはずなのにね。
しかし、明日を信じて、バァーン! と頑張るしかない。面妖な理屈だけども。


とりあえず、今回はここまで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。